機械式時計の初心者が今すぐ知りたい!購入するための基本情報とは

機械式時計を選ぶための基準とは

電池式の時計が主流の現代に置いて、機械式時計はステータスに対する象徴との考え方が存在します。電池式ほど高精度で無いことが、細かな時間に縛られない余裕があることや、機械式時計のメカニズムを楽しむゆとりを持つ人に適すとして、世界中のラグジュアリーからも人気が高いです。現に機械式時計は高価なアイテムであり、購入するなら失敗はしたくありませんよね。扱うブランドやシリーズが豊富なため選択の基準でさえ迷う人も多い様です。ここでは、機械式時計を選ぶ基準になり得る情報を価格に関連した要素で紹介します。

新品と中古どっちが得?

初めて機械式時計を購入するなら新品が欲しいと多くの人が考えることでしょう。しかし、近年では機械式時計の値上がりが顕著になっています。長期間流通しているモデルや、少々のアップデートがされたモデルでも、ブランドやメーカーによって倍程度も値上がるケースがある程です。つまり、現在新品で売られているモデルと同機能、同じデザインの機械式時計が中古市場にも流通していると言うことです。勿論中古なので安価で購入出来ます。新品を購入するメリットも勿論あり、例えば次に新たな機械式時計の購入を見込んで新品を購入することも一つの選択です。古くなった機械式時計を買取に出して、新しい製品購入の足しにすることが出来ます。この場合、人気のあるブランドやモデルを十分にチェックして、中古買取で高額査定になると予想される時計を購入しましょう。

新品を安価で購入する!国内正規品と並行輸入品って何

機械式時計には輸入時に国内正規代理店を介して店頭に並ぶ国内正規品と、国外で流通している時計を現地業者が入手して、日本の並行輸入商社へと売られる並行輸入品が存在します。正規ルートで流通していないため並行輸入品は国内正規品より安価で購入出来るのが大きな特徴です。並行輸入品のデメリットには国内正規代理店によるギャランティが無いことやブランドによってオーバーホールに対応しない場合があります。しかし、オーバーホールそのものはブランドに依頼するより専門の時計職人のいる一般的な時計店に出す方がメンテナンス料金は低コストに抑えられ、また並行輸入商社がメンテナンスに対応することも多いです。正規品にはギャランティが付き、ブランドによるアフターサービスを長期に渡り受けられますが、商品の差は並行輸入品とほぼありません。コピー商品に注意して新品を安く購入する方法を選択するのも考え方の一つでしょう。

ウブロはスイスの高級時計で有名人や芸能人など多くの人に愛されています。見た目はもちろんの事機能も充実しており、時計界の最先端を走りつづけています。