譲渡会や里親がおすすめ!ペットに負担のない買い方を

ペットショップは海外にはありません

ヨーロッパなどの先進国にペットショップはないそうです。ペットを物のように扱う文化はとっくに終わり、家族の一員としてしっかり命を尊重するのがほとんどの先進国です。しかし日本ではまだまだ物のように扱って売買する商売がなりたっています。無理矢理繁殖させて親から引き離し、ペットショップで人目にさらされることは幼い動物にとってストレス以外のなにものでもないでしょう。ペットが飼いたい人は、もっと他のルートで入手するのがおすすめです。

譲渡会や里親制度を使おう

子犬や子猫が生まれて、新しい飼い主を探すための譲渡会を行なっている団体や自治体、獣医さんなどもたくさんあります。これなら生まれてから母親の元で暮らし、ストレスもなく初乳もしっかり飲んでいるので抵抗力のある強い個体が手に入ります。また、里親探しはネットや自治体などでも盛んに行なわれていますから、探せばすぐに情報が見つかります。どんな親から生まれてどんな家で育ったかも分かり、元の飼い主から譲り受ける犬なり猫なりの性格やクセなども聞くことができます。

保健所の子たちを引き取るという選択も

さらに、保健所で処分を待っているような犬や猫を引き取るという選択もあります。高いお金を出してペットショップで買うよりも、有意義なことだと言えるでしょう。保健所で保護されている個体の場合、子どもではなく大人の場合もありますが、犬でも猫でも問題なく懐きます。どうしても子どもの個体がいいなら里親や譲渡会、こだわらずに少しでも命を救いたいと考えるなら保健所など方法はいろいろです。考えを広く持ってたくさんの場所を見て回るのが、いい出会いのコツかもしれません。

子犬販売では、今、人気の高い、かわいいチワワやトイプードルをブリーダーから直販で購入することができます。